• HOME
  • > クラブ紹介

クラブ紹介

会長挨拶

2018年~2019年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏は「インスピレーションになろう」をテーマに掲げました。ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変えるもの。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために自分の役割をこれまでと違った角度から見つめ活動していくことが必要。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。
また現会長のイアンライズリー氏は「ロータリーに変化をもたらす」をテーマに掲げました。それを引き継ぐ形でバリー・ラシン氏は「インスピレーションになろう」を唱えています。共通することは「変化」です。藤沢ロータリークラブにおいてもこれまでの64年間の伝統を尊重し、さらにより良いクラブになるために組織を活性化し「変化と改善」をしていくことが私の責務と考え、行動していく所存です。

第65代会長 大小原 徹

計画

Ⅰ 全員参加型の例会にしたい

  • 会員一人ひとりが主役になりましょう
  • 例会ごとに会員の生の声をきかせていただく
  • 委員会活動も各自がリーダーになり積極参加していただく

Ⅱ 地区行事への積極的参加

Ⅲ 名実ともに第3グループのリーダーとなりましょう

  • 他クラブとの交流の機会を持つ
  • メイクアップで他クラブの例会にどんどん参加しましょう

Ⅳ 姉妹クラブ 仙台南RCとの親睦交流イベントへの参加促進

Ⅴ 友好クラブ カジャンRC50周年行事への参加と記念事業に協賛

目標

  1. 会員純増1名以上
  2. 米山奨学金、ロータリー財団、ポリオプラス 寄付満額達成
  3. 年間平均出席率75%以上
  4. MY Rotary 登録20名以上